アミノレブリン酸にはいろいろな効果があります - アミノレブリン酸について
  • アミノレブリン酸にはいろいろな効果があります

    アミノレブリン酸は太古の昔から地球上に存在していた天然アミノ酸で、生命の誕生に深く関係しています。


    人や動物・植物などのさまざまな生命体において細胞のミトコンドリアに存在していました。

    アミノレブリン酸(ALA)はエネルギーを生み出していて、生命の根源物質とも呼ばれています。

    人や動物などにおいて体内で鉄分などと結びつくことによって、血液中のヘモグロビンの原料になります。

    代謝に関して必要不可欠な物質で、植物ではマグネシウムと結びつき葉緑素となるので光合成するためには作用することになります。



    人や動物・植物などに関してアミノレブリン酸は生命活動としての根幹を支えることが可能です。
    アミノブリン酸はヘモグロビンの材料になるので、エネルギー代謝に必要不可欠な酸素が身体中に行き渡ります。

    冷え性や貧血などの改善や免疫力のアップにも繋がり、エネルギーを生成する時に二酸化炭素や水なども放出されます。
    二酸化炭素は呼気として放出されますが、水はきちんと残ります。


    人間は体重の60%が水分なので、飲むだけではなく自分の体でも作っているのです。



    この水は皮膚においてツヤやハリのある若々しい状態を維持することができます。

    自然界からの抽出は微量になるので、購入すると大変高価になりますが最近では発酵作用を利用した製造方法などが開発されているので、いろいろな製品化が可能になっています。



    リーズナブルな価格で購入することができやすくなりました。